かんのん 居宅介護支援 訪問介護 介護職員養成 豊中│ お問い合わせ │ 会社概要 │ 組織図 │ プライバシーポリシー │ 決算報告書 │

介護職員初任者研修 通信学習実施計画書

(別添2-10)

通信学習実施計画書

1 講義を通信の方法によって行う地域

・大阪府、京都府、兵庫県、奈良県、滋賀県の全域及び和歌山県北部地域とする。

2 添削指導の方法

・自宅学習期間の質問方法
質問は、電話またはファックス及び受講の際に口頭によるものとする。
添削担当講師:別添講師一覧参照
電話番号 06-6831-5799 (受付時間 午前10時~午後5時)
ファックス番号 06-6170-6711

3 科目別通信学習時間

科目番号・科目名通信学習時間通信形式で実施できる上限時間
(別紙3より)
(2) 介護における尊厳の保持・自立支援5時間5時間
(3) 介護の基本3時間3時間
(4) 介護・福祉サービスの理解と医療の連携7.5時間7.5時間
(5) 介護におけるコミュニケーション技術3時間3時間
(6) 老化の理解3時間3時間
(7) 認知症の理解3時間3時間
(8) 障がいの理解1.5時間1.5時間
(9) こころとからだのしくみと生活支援技術12時間12時間

4 通信学習課題配布・提出標準日程

添削課題は2回に分けて配布する。
なお、第1回目の配布日は開講式の日に手渡しする。
第2回目の配布は、第1回目の配布から10日後の受講時に手渡しする。(欠席者は郵送。)
第1回目の添削課題範囲は(2)(3)(4)(5)とする。
第2回目の添削課題範囲は(6)(7)(8)(9)とする。

5 通信学習課題

1 課題種類数 2種類
2 出題形式 A課題 多肢選択式130問、記述式24問 全154問
B課題 多肢選択式130問、記述式24問 全154問
3 出題数                                        「(2)介護における尊厳の保持・自立支援」 20問
「(3)介護の基本」 12問
「(4)介護・福祉サービスの理解と医療の連携」 30問
「(5)介護におけるコミュニケーション技術」 12問
「(6)老化の理解」 12問
「(7)認知症の理解」 12問
「(8)障がいの理解」 8問
「(9)こころとからだのしくみと生活支援技術」 48問

6 評価基準

60点以上を「合格」とする。
基準を満たさなかった場合は、再評価を実施するため、別途添削課題を配布する。
なお、再提出日は、配布日から起算して2週間以内とする。

7 通信添削業務受託事業者

自社で実施する。

お気軽にお問い合わせください。 TEL 06-6831-5799 9:00~17:30

PAGETOP
Copyright © 株式会社かんのん All Rights Reserved.